スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定調停 費用

特定調停は費用がとても安く済ませるのが大きな利点なのですが、現実にいくらかかるものなのでしょうか?特定調停の申告に必要な費用は、1社につき800円くらいです。

特定調停の申告に必要な費用は、印紙代として1社につき800円くらいかかります。1社あたりに必要な費用は、地方によっても多少差があるようです。1社につき1,000円と思っておけば良いでしょう。わたしは郵便局で買い求めましたが、間に合わない時は係員の人にお金を払えばよかった感じがします。まあ、あらかじめ金額を確かめて郵便局で買ってから裁判所に行くのが エチケットでしょうね。裁判所によっては、裁判所の中に郵便局があるところもあります。

特定調停を申し立てる人が1社からしか借りていないというのは珍しいので、仮に3社から借りているとすれば2,500円程度、5社から借りているなら4,000円程度です。ちなみに私の場合は、消費者金融(サラ金)とクレジット会社を合計して9社から借りていたため、合計で7,000円程度かかりました。借りすぎですね。余談ですが、調停委員の人からも「しかしまあ、よくこれだけ借りれたもんだね」と言われました。

あと、私は特定調停に関する本を購入して参考にしたのと、購入した本に「特定調停を進めるために、お詫びの手紙を業者に出すのがよい」と書いてあったため手紙を出す分の費用が追加でかかりました。それでも、合計で1万円程度で行えたので格安ですよね。ちなみに、任意整理であれば1社につき2~3万円程度は確実にかかりますので、そういう意味でも初期費用をかけずに債務整理を行うことができる特定調停は魅力的な債務整理の方法だと思います。国もたまには良い制度を作ってくれるものですね。

特定調停にかかる費用:特定調停のデメリット

NSFレンタルサーバー
スポンサーサイト

テーマ:債務整理の相談 - ジャンル:ファイナンス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。