スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定調停 デメリット

特定調停は別の債務整理のやり方と比較しても、段違いに安く済ませる事ができるやり方です。ただ、だからといって特定調停が完全無比のシステムというわけではなく、もちろんデメリットもあります。

[ 手続のデメリット ]

● 2回以上返金をおこたと、賃金や預金が差し押さえられる時があります。

特定調停で成立した調停事項には、「返金を2回以上怠った時には、借主は、 残額を一括債務弁済する責務を負うものとする。」旨の内容が盛り込まれます。調停事項は、裁判所が決定したものですので強制拘束力があり、貸主側はそれに基づいて、あなたの賃金や銀行預金を差し押さえて強制執行することも考えられます。

● 特定調停では、過払い金の回収はできません。

特定調停制度は、あなたの全取引経過について法定金利による引き直し計算をして借金の総額を確定し、その返済の計画を立てていく手続です。したがって、引き直し計算の結果、過払い金がある場合には、別途過払い金回収の手続を進めていく必要があります。

特定調停のメリットとデメリット

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:債務整理の相談 - ジャンル:ファイナンス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。