スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産 ローン

改正貸金業規制法 6月18日に完全実施決定

<総量規制>

年間所得の1/3までしか借りれなくなります。

個人向けの借りいれが対象となりますが、個人経営者は対象外です。

専従主婦は、亭主の年間所得が規準となります。

日本貸金業協会によりますと、この総量規制にひっかるのは、現在の借りいれをされている人で51%のユーザーが相当するそうです。

人数にして約600万人。

該当者数が多いので、結構厳しくなるという感触かもしれませんが、あくまでも消費者ファイナンスなどの貸し付けの話です。

クレジットで商品を購入している金額は含まれませんし、住宅ローンなどもそうです。

目的は"多重債務の防止"です。

借り入れの目的は、「生活費」という方も多いと思います。

日本は、教育に「お金」を入れないといけないと思います。

私たちが、マネーセミナーを開催しても参加する方はごくわずかです。

参加されてもそれ自体が目的になっている方も多いです。

私たちの力のなさも反省しないといけません。

消費者金融でお金を借りないと生活ができないというのは問題ですよね。

そういうライフプランになってしまったのは、お金の勉強ができていなかったということも言えると思います。

今回の規制で、「自己破産が増える」「強盗も増える」というような意見も聞こえます。

そんなレベルの話をするなと言いたい。

本当に、手取り足取り”日本で生活をしていくレッスン”をしていかないといけない大人が増えているように思います。

大人の話か?子どもの話か!?

改正貸金業法|資産運用から保険まで☆マネースクール☆

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の知識 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。