スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金減額

任意整理は、債権者・貸し金経営者の承諾のもと、現実的な借金返済案を策定する事です。

金利や借金減額も行なわれます。

代表的な例が、過ばらい金返還(不法利得返還)です。

くり返し書いていますが、旧貸金法の「みなし弁済規定」という消費者金融業者にとっての逃げ道が事実上無効化した事によって、グレーゾーン金利が撤廃されました。

それに伴う利息の過払いが大幅に発生しています。

そこで、利息制限法に基づく利息再計算を行い、過払い金額を算定します。

これによって、何割かの借金減額が可能になります。

サラ金との取引履歴が長いケースなど、場合によっては借金がゼロになっていただけでなく、債権者になっていたというケースもあります。

ただ、全国的な過払い金返還(不法利得返還)の活発化により、消費者金融業界の体力が大幅に落ちており、中堅クレディアの事実上の破綻など淘汰も進んでいます。

払い過ぎ利息を取り返すのはいつまでも可能というわけではありません。

参考:利息制限法による上限金利

元本が

10万円未満の場合は年利20%
10万円~100万円の場合は年利18%
100万円以上の場合は年利15%

これを上限金利とします。

ただし、遅延損害金(遅延利息) は、この上限金利の1.46倍まで発生することがあります。

任意整理で借金減額

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:債務整理の相談 - ジャンル:ファイナンス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。