スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事再生 相談

破産免責手続きは,債務者の経済的回復のためにあります。

ですから,破産して,免責決定を受けて,借金を免除してもらったからといって,公的なデメリットはありません。

銀行口座は使えます。
生保は入れます。
年金は減りません。
健保も影響ありません。
不動産物件事業者にも原則と知られません。
戸籍や,住民基本台帳に載って,親戚などにばれることはありません。
会社にばれる事はまずもってありません。仮にばれても,お払い箱や懲戒処分理由になりません。

破産免責手続きは,裁判所が,負債を全部免除してくれます。

こうして,負債によるがんじがらめの状態から個人を解放し,フレッシュスタートを出来るようにする破産はマイナスのものではありません。

自身の努力(つまり世帯の収入)で返しきれない借金を負ってしまったら早期に破産を検討しましょう。

他に民事再生という手続きがあり,住宅を失わず負債の一部カットをする手続きもあります。

皆さん最寄りの弁護士にご相談ください。

破産免責手続きは,債務者の経済的再生のためにあります。 - タダノ弁護士の研究室(法律事務所の表裏) - 楽天ブログ(Blog)

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:債務整理の相談 - ジャンル:ファイナンス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。