スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定調停した何年か後に生活苦を理由に・・・

■ 特定調停した何年か後に生活苦を理由に支払え無くなった場合もう一度特定調停なり債務整理出来るのでしょうか?

■ 出来ます。

2度目の特定調停は、わかりませんが、債務整理は出来ます。

ただ、先立つ物と年数が、かかります。

弁護士に要請すると弁護士代金が、かかりますよね?

件数にもよりますが・・・

10万から30万くらい。

その代金も分割で払うと初めに弁護士費用を終わらせます。

それから業者に払うので・・・

私の場合、債務整理=特定調停=債務整理=破産です。

1度目の弁護士に騙され借金が増え特定調停。

離婚して払えなくなり債務整理。

それも払えなくなりマンションも持っていたのでギブアップで破産。

弁護士は慎重に選定して下さいね。

※武富士から督促は来てますか?

弁護士費用は10万前後

(お釣り来るかも?)

まず県の弁護士センターに電話をして市町村の弁護士を紹介してもらってください。

(無料)

紹介された弁護士事務所に電話。来所。相談

(5千円~1万)

着手

(~15万くらい)

弁護士費用を払う

(分割可)

終了次第、業者へ支払い。

です。

Yahoo!知恵袋 -みんなの 知恵共有サービス

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。