スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易裁判所 民事調停 印紙

先を考えると、不安がまとわりつく…

いつか…辛い選択もしなきゃいけない

ある程度の覚悟はしてる…

でも、楽しい事、幸せな時間がたくさんあるから…

居心地がよく、あって当たり前だけど

無くては生きて行けない…

キミにとって、空気みたいな…

そんな…必要な存在でありたい

今日のお題は・・・簡易裁判所 民事調停 印紙のお話です。

■ 基本的な民事調停の質問

話し合いのみを希望ですが、お金(損害賠償、慰謝料)の話でなければ、だめなのでしょうか。

つまり、相手の言った言わないに決着を調停でつけるというのは、できるのでしょうか。

それと、かかる費用ですが、どこかのサイトに一覧表とかありますか。

P.S.自分でも調べましたがわかりませんでした。

● 調停は、法律上の権利や義務の存否、法律関係の存否を話し合いで解決するものだと思います。

金銭トラブルに直結するような、契約約款の解釈のもめごとなどの場合、契約当事者間紛争調整調停の申立ができると思いますが、金銭トラブルに直結しない、言った言わないを調停に乗せるのは無理があると思います。

ですから、言ったから賠償金と言った具合に無理やり法律問題にして、調停の話し合いの中で、言った言わないについて話し合うことができると思いますが、本来法律上のもめごとでないものを、無理やりに調停にするのはあまりお勧めできません。

なお、費用は調停事項の価格により決まり、5万円の賠償金請求なら5万円を基礎に、価格算定不能の場合(雇用関係確認など)は、140万を基礎に印紙代が決められます。

Yahoo!知恵袋 -みんなの 知恵共有サービス
質問・疑問に答えるQ&AサイトOKWave
NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑談。 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。