スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事調停と裁判は同じ金額で債権回収できるか

オシャレしたいんだけど、今の日本の夏はぁ~短パンかなぁ~

ラフな方が楽はぁ~楽なんだけども~

デートの予定はないけど~

デートした時、手も繋ぐのも汗かくよね~

デートしたいねぇ~

ドキドキしたいねぇ~

イチャイチャしとぉ~い

あっ

オシャレもしたいんです

今日のお題は・・・民事調停と裁判は同じ金額で債権回収できるかのお話です。

■ 簡易裁判

はじめて、裁判をおこそうと思っています。

委託契約の出来高清算の未払いに関し、契約者を訴えます。

実質は200万円の請求ですが、少しの労力で終わらせたいので、簡易裁判で140万円の請求をおこそうかと、イメージ中です。

とにかくはじめてで、何もわかりません。

気にするべきポイントや、良くある失敗など、色々教えて下さい。

● 簡易裁判所と地方裁判所では裁判という制度そのものは変わりませんが、現実はかなり違います。

基本的に簡易裁判所は和解方向の審議で、はじめから裁判官の横に調停委員が待機している事すらあります。

そこで、内容いかんではたたぢに調停に切り替えられ、調停室行きになります。

地方裁判所でも和解勧告はありますが、簡易裁判所ほど明確に和解を推し進めることはありません。

まして調停委員が待機していることはありません。

個人的な主観ですが、簡易裁判所は本人訴訟率も高く、裁判官も地方裁判所ほど法的見解に厳しい事は言いませんし、厳格かつ長期的な審議をしません。

債権は200万円だが内140万円を請求するとして簡易裁判所にすることはよくあります。

控訴で地方裁判所になったさい、訴額を増額し200万円とすることも出来ます。

当然増額した理由を裁判官に聞かれるでしょうが簡易裁判所の訴状に「債権は200万円だが内140万円を請求すると」訴えていれば、控訴にあたり本来の債権額に戻すという理由は認められます。(増額の理由であって、債権その物が認められるかは審議の結果によります)

Yahoo!知恵袋 -みんなの 知恵共有サービス
質問・疑問に答えるQ&AサイトOKWave
NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。