スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事調停とは

明日ゎ大阪へ

遊びに行きま~す

と、言いたいとこだけど

研修に行って参ります

日曜日なのに

人混み&電車苦手なのに

移動時間、片道2時間くらいで、研修時間ゎ3時間……

移動時間の方が長いて、どゆことよ

場所もイマイチわかんないから、きっと……

ドコドコ(゚Д゚≡゚Д゚)?

状態やな

地下鉄に、上手く乗り継ぎ出来るかな

不安だからか、昼間から頭痛がしとります

前回も大阪まで研修に行った時、体調不良で最悪だった

明日までにゎ良くなって欲しいけど…

1人で移動ゎ不安だよぅ

でも、ちびっこたちの為にお勉強頑張らなきゃ

頑張ったら、誰か癒してくれるかな(笑)

今日のお題は・・・民事調停とはのお話です。

■ 民事調停後の刑事告訴

法人の違法行為による個人の損害について、民事調停において、賠償金を受け取り法人との間の全ての債権債務が消滅した旨の調停が成立した後に、その違法行為を行った従業員個人を相手に刑事告訴することが可能と考えられるのでしょうか。

民法、民事調停法、刑法、刑事訴訟法に詳しい方の御回答をお待ちしております。

● 犯罪の種類も何も分からないので、一般論ですが、民事と刑事は全く別物です。民事上違法でも刑事上は違法でないこともあります。

窃盗犯が、盗みを行った場合を考えてください。

後で、盗んだものを返せば、民事上は違法状態が解消されますが、刑事上は、盗んだものを返しても、窃盗罪を行ったという事実は消えず、違法性は阻却されません(情状には影響しますが)。

ということで、その従業員の方が、何らかの刑事上の罪の構成要件に該当しており、違法性も責任も阻却されないのなら、訴えることはできます。

Yahoo!知恵袋 -みんなの 知恵共有サービス
質問・疑問に答えるQ&AサイトOKWave
NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。