スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産の事例

・T市在住、女性、専業主婦、賃貸アパート暮し、母子世帯
生活費のために平成16年から借り入れし、相談に訪れた時には六社300万円の借り金があった。依頼者は二人のお子様を抱えた母子世帯で、児童扶養手当等を受給して生活しているが、所得が乏しく、以後返済をする事が困難なため破産申立を行い、借り金は免責された。

・W町在住、男性、サラリーマン、賃貸アパートで親と同居、自動車所有
マルチ商法にだまされ、平成八年から借り入れし、相談に訪れた時には九社500万円の借り金があった。依頼者は、平成八年式の自動車を所有していたが、価値がないとの理由で、自動車を手放す事なく、破産申立を行い、借り金は免責された。

できるかな?
僕でもわかる
NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:弁護士 - ジャンル:ビジネス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。