スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任意整理とは

任意整理とは、まだ自己破産をするほどの状況ではないが、このままでは自転車操業になってしまうような可能性がある場合に最適な債務整理方法と言えます。一般的には「裁判所を利用せずに、私人(専門家とサラ金・クレジット会社等)間で直接和解交渉をして債務整理をすること」と言うことができると思います。これを具体的に申しますと、「法律で認められた利率(約18%)で、今までの取引を計算し直し、債務額を確定し、さらに、これからの利息(将来利息)を全てカットした上で、3~5年間(36~60回)の分割弁済にする和解契約を締結する」手続きということになります。

この手続きの特徴は、(認定)司法書士のみが行うことができる手続きであるということです。もちろん和解交渉自体が本人ができないかと言えば、可能ではあります。しかし、ご本人様やご家族による交渉では、各債権者は、法律上、取り立てを止める根拠が無く、また取引履歴を開示しない、法的に無理のある解釈を長時間説明され、著しく不当な金額で和解を結ばされてしまうこともあります。

任意整理において、(認定)司法書士に依頼し、手続きが開始され「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」という書類が債権者のもとに届くと、法律上、すぐに借金の返済がストップし、取立ても止まることになります(貸金業者には法律上、督促を止める義務があるためです)。そして、督促が止まり、精神的に安定した状況で、これからの生活のあり方や、返済計画を立てていくことができます。

さらに、任意整理の特徴としては、ご本人様の負担が「自己破産」や「個人再生」に比べ、非常に軽いということです。裁判所に行ったり、書類を提出したり、業者と交渉したりする必要がほとんどありません。

NSFレンタルサーバー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。